IT業界の平均年収を調べて

Posted by hirai on 8月 21st, 2014 — Posted in

技術系職種はほかの職種に比べると、相対的に高額な年収を得ています。

IT業界でもソフト系は建築系より高く、素材やハード系より低いようです。
コンサルタントは、高年収を得ているようです。

IT系の企業の業種別の平均年収は、まず、ネットベンチャーでは、楽天株式会社、ヤフー株式会社がダントツのトップにいます。続いて、営業の担当者が多く在籍していると思われるような、株式会社サイバーエージェントやクックバッド株式会社です。比較的若い人が多いのも特徴です。

ソシャル系では、株式会社グリーとディー・エヌ・エー株式会社が上位におり、モバイルコンテンツ系では、株式会社NTTドコモが平均年齢も若くて、上位です。ゲーム系は、ダントツで任天堂が占めています。

その他に目を向けてみると、SEO、SEM関連の企業とオンラインメディア系の企業では、株式会社アイレップ、株式会社フルスピード、アウンコンサルティング株式着者の3社が並んでいます。

アフィリエイト系では、バリューコマーズ株式会社、株式会社インタースペース、株式会社アドウェイズ、株式会社ファンコミュニケーションズが4社で並んでいます。以上は、平均値なので、極一部が高いために影響されていることもあるので、ひとつの目安として見ています。

IT業界と金融業界を比べてみると、IT業界の方が低いことがわかります。アメリカのエンジニアを比べてみると、日本はかなり低いのです。
IT業界で活躍しつづける中堅エンジニアは、自分の年収アップのために転職をする人もいれば、ステージのキャリアアップを図る人もいます。その中には独立という形で年収アップを図る人も多いのです。これまで培った経験・スキルを発揮する場としては正解なのかもしれませんね。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment